「えっちゃんのせんそう」完成記念上映会
2月22日女性センターアミカス

<岸川悦子先生>
 去る2月22日、福岡市女性センターアミカスにて
「えっちゃんのせんそう」完成記念上映会が行わ
れました。
 当日は平日にもかかわらず、270名余りの方々の
ご来場がありました。上映後、岸川先生を囲む座談
会を開いたのですが、多くの方にご参加いただきま
した。誠にありがとうございました。
 会場でいただきました感想文より一部をご紹介さ
せていただきます。

●いつの時代も犠牲者は子どもたち達。私達大人
がしっかりとした考えを持たねば、と強く感じました。

●平和の尊さ、正しい歴史を私達が子どもたちに伝
えていかなければならないと思います。
 このような映画が多くの人に見られることを望みま
す。今日はありがとうございました。

●戦争の悲惨さ命の尊さなど、アニメーションなので
戦争を知らない子どもたちにもっと見せてあげたいよ
う思いました。

●あの苦しかった引き揚げ体験をした私は涙が止ま
りませんでした。戦争は絶対してはならないと思いま
す。

●大変わかりやすい内容でした。特に、戦争に負け
て暮らしが逆転して初めてわかった「招かれざる客
だった」この言葉は印象に残りました。

スペースの都合上、一部しかご紹介できませんでし
たが、当日は沢山の感想が寄せられました。ご協力
頂き誠にありがとうございました。

<上映会場の様子>

<上映後、岸川先生を囲んで座談会が開かれました>